Zanmemo

by esehara

RSS

New Memo

いい言語が必ずしも好きな言語であるとは限らない


考えてみれば、前提として「いい言語」が「好きな言語」みたいな風潮があるけれども、決してそういうことでない感じもする。

好きな言語

良い言語


一つの仮説としては、良い言語と思わせる部分としては一貫性があるということに尽きると思う。例えばRubyは基本的にはオブジェクト指向を崩そうとしない部分がある。それは同じようなスクリプト言語であるところのPythonと比較すればわかりやすい。Pythonの場合、どうしても突貫的なオブジェクト指向という側面は避けられない。


場合によっては、一貫性があることと簡潔であるかということはまた別問題のような気がする。本来、一貫性があるということは、ルールができるだけ一意に決まるため、簡潔になる側面がある筈なのだが、どうもそうではない部分も多い気がする。


Random Pickup

つらいときに言いたい言葉を選ぶ

みたいに言うのも、自分に非が無いような口ぶりになるし、だからといって

といっちゃうと、自分は本当はダメになる気がするし、今頑張っていることに関して嘘をついていて真摯ではない気がするので(こういうところで変に生真面目になったりする……)、中間点として「生きるのが難しい」という言葉を選ぶようになった。


シンプルは難しい


確かにこのアプリとかは、他のアプリに比べたらシンプルだし、例えばリアルタイムにMarkdownのプレビューが出るところなんかはリッチになっている。でも、これを俺はリッチだとはあまり感じない。これは必要なもので、最小限だなという気がする。

じゃあどこに対してシンプルさを感じるかというと、自分の場合は、「必要な情報しかない」ということに尽きるんだろうな、と思う。現状としては、必要ではない情報が割と多くて、その「必要ではない情報」が俺に対して「ああ、なんてイケてないんだろう」と思わせるのだろうと思う。


縁切寺と2014年頃のインターネット


無縁・公界・楽』を読んでていたら、「縁切寺」と「無縁」について書かれていて結構面白かった。

中世頃の日本では、離婚権が女性には無かったため、暴力的な男性から逃れるためには、そういった「縁切寺」と呼ばれるところに行くしかなかったとかかれている。


詳細はどうでもよくて、必要なのは「縁切寺」というのは、そもそも「縁が切れないこと(=繋がりを執拗に求めてくること)」に発端があるというところが、多分ポイントなんだと思う。妻を追ってくる男のことを想像すればわかる。

それはインターネットにも同じことが言えるよなーとか考えたりしていた。過去のことを掘り起こされたり、あるいは、執拗に「ソーシャル」を求めてくる中で、縁切寺みたいなのが必要なのかもしれないなーと思うと、それがMixiであったり、あるいはFacebookだったりするんだろう。

とはいえ、MixiやFacebookは囲いこみつつ、内部で繋がり合わせようとしているという点では、ある意味で「縁」が違うだけで(この本だと「公界」と呼ばれるものだと思う)、いわゆる「縁切」とは違う。


いま、他の先進国ではインターネットにおいて「忘れられる権利」という話もされているけれど、そういうものに近いものかもしれない。


たぶん、本来的にそういう「縁切寺」的なインターネットも必要なのだと思うが、人々は寂しがり屋なので、縁を切ったら切ったで、アマテラスのように、岩陰から出てきてしまうわけで、そう簡単にもいかないよなーとか考えたりしていた。(その一つの解答としてPathがあるんだろうけど)


本当の意味でのプログラミング初心者がつまづきやすいところってなんだろう


代表的なやつだと、次のようになるかもしれない。

みたいな、それこそ当たり前の前提になっているところから説明したほうがいい可能性が高い。あたかもそれって馬鹿にしているかもしれないけれど、そういうことのほうが大切な気がする。


無難色というものがあるのではないかということを考えている


女性向けの製品がダサいピンクで作られてしまうという問題であったり、あるいは男性向け製品が黒色とか青色で作られてしまう問題というのがあるみたいだけど、このあたりの議論って「デザイン」というものは決して「格好良さ」で選ばれるものではないよなあ、という論点を見逃しがちだったりする。


一時期、それこそオタク界隈で「おしゃれな服装じゃなくて、無難な服装が必要なんだよ、最大公約数的な」ということが言われていて、これはある種の需要だと思うし、少なくとも自分のそういった「センス」を信じていない人たちは、「無難」なものを選ぶ傾向にあるんじゃないか。


ファッションのオシャレさというのは「最適解」なんだろうし、それがパワーゲームな感じで上がっていくことは理解できるんだけど、実際の需要の部分は「最大公約数」にある場合があって、そういうズレが大変だなあという感じだ


『ビックバン・ポリシー』雑感

海外にビックバンポリシーというのがある。この番組は、いわ科学者であるところの奇妙な大学教員達が、ナード的な生活を送ったり、周囲に問題を起こしたりする。コメディドラマなのかはしらないけど、恋愛模様が軸になっていて、主人公が謎にモテたりするようなエロゲー体質であって、それなりに細かいネタもなかなか気が利いていていい。ただ、同時に『げんしけん』みたいな、ある種のユートピアみたいなところもあって、嫌なところはありつつも、それなりに楽しそうだなと思わせてくれるのが面白いなと思う。