Zanmemo

by esehara

RSS

New Memo

いい言語が必ずしも好きな言語であるとは限らない


考えてみれば、前提として「いい言語」が「好きな言語」みたいな風潮があるけれども、決してそういうことでない感じもする。

好きな言語

良い言語


一つの仮説としては、良い言語と思わせる部分としては一貫性があるということに尽きると思う。例えばRubyは基本的にはオブジェクト指向を崩そうとしない部分がある。それは同じようなスクリプト言語であるところのPythonと比較すればわかりやすい。Pythonの場合、どうしても突貫的なオブジェクト指向という側面は避けられない。


場合によっては、一貫性があることと簡潔であるかということはまた別問題のような気がする。本来、一貫性があるということは、ルールができるだけ一意に決まるため、簡潔になる側面がある筈なのだが、どうもそうではない部分も多い気がする。


Random Pickup

つらいときに言いたい言葉を選ぶ

みたいに言うのも、自分に非が無いような口ぶりになるし、だからといって

といっちゃうと、自分は本当はダメになる気がするし、今頑張っていることに関して嘘をついていて真摯ではない気がするので(こういうところで変に生真面目になったりする……)、中間点として「生きるのが難しい」という言葉を選ぶようになった。


縁切寺と2014年頃のインターネット


無縁・公界・楽』を読んでていたら、「縁切寺」と「無縁」について書かれていて結構面白かった。

中世頃の日本では、離婚権が女性には無かったため、暴力的な男性から逃れるためには、そういった「縁切寺」と呼ばれるところに行くしかなかったとかかれている。


詳細はどうでもよくて、必要なのは「縁切寺」というのは、そもそも「縁が切れないこと(=繋がりを執拗に求めてくること)」に発端があるというところが、多分ポイントなんだと思う。妻を追ってくる男のことを想像すればわかる。

それはインターネットにも同じことが言えるよなーとか考えたりしていた。過去のことを掘り起こされたり、あるいは、執拗に「ソーシャル」を求めてくる中で、縁切寺みたいなのが必要なのかもしれないなーと思うと、それがMixiであったり、あるいはFacebookだったりするんだろう。

とはいえ、MixiやFacebookは囲いこみつつ、内部で繋がり合わせようとしているという点では、ある意味で「縁」が違うだけで(この本だと「公界」と呼ばれるものだと思う)、いわゆる「縁切」とは違う。


いま、他の先進国ではインターネットにおいて「忘れられる権利」という話もされているけれど、そういうものに近いものかもしれない。


たぶん、本来的にそういう「縁切寺」的なインターネットも必要なのだと思うが、人々は寂しがり屋なので、縁を切ったら切ったで、アマテラスのように、岩陰から出てきてしまうわけで、そう簡単にもいかないよなーとか考えたりしていた。(その一つの解答としてPathがあるんだろうけど)


むき出しのテクノロジーと隠蔽されたテクノロジーについて考えてみる


なんでそういう区分をするのかというと、下の記事を見たからだ。

一ヶ月、Rubyを本気で独学した結果(文系向け) - 30ruby記」を読んでいて、自分のスタンスと似ているところがあるなあと思いつつも、何か違うなあという違和感も同時にあってなかなか面白いなあと思いつつある。それは多分、僕が二年、三年目くらいにプログラミングを仕事にしてきた部分での差異でもあって、その差異が邪魔しているんだろうなと思ったりした。

同意する部分

似ている部分としては、割とプログラミングをやろうとしたきっかけというのが、「あ、これからはプログラミングだな」という、割とそういうざっくりとした思いだったというのがあって、そういう意味では、「これが出来れば、現代社会における一割くらいのモノは理解できるのではないか」みたいな、そういうスタンスだったのは否定は出来ないし、そういうスタンスとして始めた自分としては、全体の違和感というのは、僕にとっては「なるほどな」と思ったりする。

あともう一つとしては、自分は学んだりすると、妙にスレて、斜め上からの視点になったりするけれど、本当はそういう風に構えるのはよくなくて、本当はこれくらい「ああ、凄い……凄いぞ……」と思えるスタンスというのは重要だなあ、と思ったりもする。

違和感の部分

たぶんこの熱量の違いみたいなものは、別にRubyじゃなくてもよく、極端なことを言えば、HSPとか、それこそRPGツクールでもいいと思う部分にある気がしている。これは馬鹿にしているかもしれないけれど、でも僕はRPGツクールは、現状で最も成功したゲームフレームワークだと思っている。そして、RPGツクールで作ったゲームを、少なくともインディーズでお小遣いを稼ぐ程度のものとして出している人たちも知っている。

で、それをテクノロジーと考えるか否かというのは、ぶっちゃけどうでもよい。ただ、「これを使えば、簡単に製品が作れるぜ~」という意味での、「魔法を手にした自分への万能感」と、それを「テクノロジーを学べ、お前ら」という部分での差異というのは、割と違っていて、もちろんある種のTechというのが、気軽にモノを作れる為にあることはあるんだけど、ただ、それを「利用すること」と、「その原理を利用すること」というのは、ぶっちゃげ違う部分にあるよなあ、とかそういうところがモニョる部分かもしれない。


架空のことわざ 『歯磨きをしない男とは結婚してはいけない』

これについては、イギリスにありそう。如何にも言いそうな言い回しである。罵倒語として「あいつは歯磨きすらしない男だ」ちという類似罵倒があるということにしたら良いかもしれない。


いい言語が必ずしも好きな言語であるとは限らない


考えてみれば、前提として「いい言語」が「好きな言語」みたいな風潮があるけれども、決してそういうことでない感じもする。

好きな言語

良い言語


一つの仮説としては、良い言語と思わせる部分としては一貫性があるということに尽きると思う。例えばRubyは基本的にはオブジェクト指向を崩そうとしない部分がある。それは同じようなスクリプト言語であるところのPythonと比較すればわかりやすい。Pythonの場合、どうしても突貫的なオブジェクト指向という側面は避けられない。


場合によっては、一貫性があることと簡潔であるかということはまた別問題のような気がする。本来、一貫性があるということは、ルールができるだけ一意に決まるため、簡潔になる側面がある筈なのだが、どうもそうではない部分も多い気がする。


必要にならないと、スキルを磨かないという話について

Rails 4 が CoffeeScriptを採用しているため、なんとなーく食わず嫌いしていたCoffeeScriptを書いていたりする。

こういうのを考えると、人間は必要なときにしかスキルを磨かないというのを実感しつつあり、laisoが就活日記の中で書いていた以下の文章が実感として身に染みるのであった。納豆を始めて食べた人も、きっと似たようなものだったと思う。

「死亡リスクが高まるとプログラミングが身に付く」