Zanmemo

by esehara

RSS

New Memo

いい言語が必ずしも好きな言語であるとは限らない


考えてみれば、前提として「いい言語」が「好きな言語」みたいな風潮があるけれども、決してそういうことでない感じもする。

好きな言語

良い言語


一つの仮説としては、良い言語と思わせる部分としては一貫性があるということに尽きると思う。例えばRubyは基本的にはオブジェクト指向を崩そうとしない部分がある。それは同じようなスクリプト言語であるところのPythonと比較すればわかりやすい。Pythonの場合、どうしても突貫的なオブジェクト指向という側面は避けられない。


場合によっては、一貫性があることと簡潔であるかということはまた別問題のような気がする。本来、一貫性があるということは、ルールができるだけ一意に決まるため、簡潔になる側面がある筈なのだが、どうもそうではない部分も多い気がする。


Random Pickup

必要にならないと、スキルを磨かないという話について

Rails 4 が CoffeeScriptを採用しているため、なんとなーく食わず嫌いしていたCoffeeScriptを書いていたりする。

こういうのを考えると、人間は必要なときにしかスキルを磨かないというのを実感しつつあり、laisoが就活日記の中で書いていた以下の文章が実感として身に染みるのであった。納豆を始めて食べた人も、きっと似たようなものだったと思う。

「死亡リスクが高まるとプログラミングが身に付く」


架空のことわざ 『三分で出来るインスタントも、お湯から沸かせば十分になる』

「俺の塩」を食べていたら、そういう気分になったので、ここにメモしておく。アメリカの若者に流行っている言い回しとするか。あえて、このことわざが言わんとする意味も書き記すと、「確かに実際の作業時間はごく一部かもしれないが、準備時間も含めれば大変な時間になる」ということの言い回しである。


つらいときに言いたい言葉を選ぶ

みたいに言うのも、自分に非が無いような口ぶりになるし、だからといって

といっちゃうと、自分は本当はダメになる気がするし、今頑張っていることに関して嘘をついていて真摯ではない気がするので(こういうところで変に生真面目になったりする……)、中間点として「生きるのが難しい」という言葉を選ぶようになった。


プレビューナイトやってみたい


この「Zanmemo」にも、形だけのMarkdownプレビューをつけてみたのだが、意外と「なんか変だな」って思ったりもする。


プレビューの表示の仕方には、こういった両者を並列するタイプと、タブで切り替えるタイプがある。どっちがいいかは難しい。

確かに、リアルタイムで平行しながら、文字を打てるというのはとてもありがたい一方で、しかしこういうメモを書く人なんて言うのは、既に頭の中でMarkdownの記法を組み立てていて、だとするとDomのrenderが結構重い問題とかを考えると、そもそもプレビューなんて並列されてもうざったくて仕方ないので、自信のないところだけプレビューすればいいじゃんというのは、割と正当なことだと思う。他の人がどう考えているのか、割と知りたい感じだ。


「できない人」と技術について

ある技術において、「できない人」が「できるようになる」ということが目指されているのは間違いないと思う一方で、では現実的に「できない人」のために、何かしようとすると、それを貪欲に吸収するのは「できる人」になるという矛盾がありそう。この考え方自体は非常にナイーヴなものではあるし、「できる人」がよりできるようになるということによって、潜在的に「できなかった人」も底上げされるという側面があることは否定できない。

たぶん、教育的には「できない人」という意味はあまり重要ではなくて、如何にしてモチベーションを上げるのか、ということのほうが問題であることは推測できて、もちろんモチベーションがあればなんとかなるというのは、それはそれで嘘だけれど、しかしそもそもモチベーションが無いところに、学習を持ち込んだりしても意味がない。

とすると、本来ならばそこに「モチベーション」という意味があるわけで、そういう意味で「ゲーミニフィケーション」というのがあるような気がするんだけど(ゲームは「モチベーションを如何にして煽るか」という観点が含まれている)、その辺についてはどういう風に考えられているのか、多少なりとも気になる次第だ。


シンプルは難しい


確かにこのアプリとかは、他のアプリに比べたらシンプルだし、例えばリアルタイムにMarkdownのプレビューが出るところなんかはリッチになっている。でも、これを俺はリッチだとはあまり感じない。これは必要なもので、最小限だなという気がする。

じゃあどこに対してシンプルさを感じるかというと、自分の場合は、「必要な情報しかない」ということに尽きるんだろうな、と思う。現状としては、必要ではない情報が割と多くて、その「必要ではない情報」が俺に対して「ああ、なんてイケてないんだろう」と思わせるのだろうと思う。