Zanmemo

by esehara

RSS

New Memo

いい言語が必ずしも好きな言語であるとは限らない


考えてみれば、前提として「いい言語」が「好きな言語」みたいな風潮があるけれども、決してそういうことでない感じもする。

好きな言語

良い言語


一つの仮説としては、良い言語と思わせる部分としては一貫性があるということに尽きると思う。例えばRubyは基本的にはオブジェクト指向を崩そうとしない部分がある。それは同じようなスクリプト言語であるところのPythonと比較すればわかりやすい。Pythonの場合、どうしても突貫的なオブジェクト指向という側面は避けられない。


場合によっては、一貫性があることと簡潔であるかということはまた別問題のような気がする。本来、一貫性があるということは、ルールができるだけ一意に決まるため、簡潔になる側面がある筈なのだが、どうもそうではない部分も多い気がする。


Random Pickup

プレビューナイトやってみたい


この「Zanmemo」にも、形だけのMarkdownプレビューをつけてみたのだが、意外と「なんか変だな」って思ったりもする。


プレビューの表示の仕方には、こういった両者を並列するタイプと、タブで切り替えるタイプがある。どっちがいいかは難しい。

確かに、リアルタイムで平行しながら、文字を打てるというのはとてもありがたい一方で、しかしこういうメモを書く人なんて言うのは、既に頭の中でMarkdownの記法を組み立てていて、だとするとDomのrenderが結構重い問題とかを考えると、そもそもプレビューなんて並列されてもうざったくて仕方ないので、自信のないところだけプレビューすればいいじゃんというのは、割と正当なことだと思う。他の人がどう考えているのか、割と知りたい感じだ。


受動的攻撃性

この言葉を知ったのは割と前なんだけど、自分に当てはまるので、あまりにもドキッとしてしまい、以降結構気をつけている。Wikipediaの項目を見ると下のような感じである。

いやなこと、やりたくないことに対して、「いやだ」「やりたくない」と言うかわりに、わざとゆっくりやったり、忘れたふりをしたり、いわば後ろに引くことで反抗する。不機嫌な気持ちになると受け身的なやりかたで攻撃感情を表現し、あてつけや抵抗を示すために、対人関係に広く支障をきたしてしまう


自己診断的に

要するにはっきりと「否定」とか「嫌悪」を表明するのが苦手で、それ故に、それを「曲がりくねった形」で表明してしまう。


いい言語が必ずしも好きな言語であるとは限らない


考えてみれば、前提として「いい言語」が「好きな言語」みたいな風潮があるけれども、決してそういうことでない感じもする。

好きな言語

良い言語


一つの仮説としては、良い言語と思わせる部分としては一貫性があるということに尽きると思う。例えばRubyは基本的にはオブジェクト指向を崩そうとしない部分がある。それは同じようなスクリプト言語であるところのPythonと比較すればわかりやすい。Pythonの場合、どうしても突貫的なオブジェクト指向という側面は避けられない。


場合によっては、一貫性があることと簡潔であるかということはまた別問題のような気がする。本来、一貫性があるということは、ルールができるだけ一意に決まるため、簡潔になる側面がある筈なのだが、どうもそうではない部分も多い気がする。


無難色というものがあるのではないかということを考えている


女性向けの製品がダサいピンクで作られてしまうという問題であったり、あるいは男性向け製品が黒色とか青色で作られてしまう問題というのがあるみたいだけど、このあたりの議論って「デザイン」というものは決して「格好良さ」で選ばれるものではないよなあ、という論点を見逃しがちだったりする。


一時期、それこそオタク界隈で「おしゃれな服装じゃなくて、無難な服装が必要なんだよ、最大公約数的な」ということが言われていて、これはある種の需要だと思うし、少なくとも自分のそういった「センス」を信じていない人たちは、「無難」なものを選ぶ傾向にあるんじゃないか。


ファッションのオシャレさというのは「最適解」なんだろうし、それがパワーゲームな感じで上がっていくことは理解できるんだけど、実際の需要の部分は「最大公約数」にある場合があって、そういうズレが大変だなあという感じだ


ランダムに挙がってくると、その文章を手直しするので良いかもしれない


ブログだと、恰もその文章を確定したかのように書かなければいけないけれど、こういう風にランダムに挙がってきて、さらに「そうだなー、ここはもうちょっと書きようがあるんじゃないかな」と言う風に書き足していくと、割と段々と育てている感じがしてよい。盆栽というか、育てゲーみたいな印象になる。

だから、最初の一行だけ書いておいて、あとでランダムに浮かび上がってくるものをちょこちょこと継ぎ足して、気が向いたらブログにし直す、みたいな運用はありかもしれない(こういう感じで)。


感情をすぐに吐き出してしまうこと

俺なんかもそうだけれど、感情をすぐに吐き出してしまうのは良くない気がした。感情がすぐに出てしまうインターネットにおいて、割と溜めておいて、あとで吐き出すみたいなことが重要なんじゃないかと思ったりした。つまり遅延性だ。

確かに、感情は溜めておくと良くないという部分はあるのだけれど、とはいえその感情を


機能が慎ましくあると使いたくなる

たぶん、「機能があればいい」ということではないんだろうけど、一方で、例えばMarkdownがリアルタイムでrenderされるとつい嬉しくなってこんなのとかこんなの修飾として使いたくなる。つまり、つつましく機能があればいい。

例えばリモコンのボタンは慎ましくなく、騒がしい。ボタンは出っ張っているので主張が激しいことを考えると、機能の慎ましさということを考えたほうがいいのかもしれない。慎ましくないというのは、いわゆる自分が何か出来るということを全面に主張することで、そうでないほうが良い。